グランブルーファンタジー(グラブル)アカウントの売買|アカトレ

    • 新着順
    • 人気順
    photo

    bp65 SSRキャラ135体 十天5体 水着ゾーイ 水着ベア 水着ディアンサ 特典カタリナ

    17,800

    SSRキャラの数: 135

    十二神将の数: 1

    十天衆の数: 5

    photo

    bp55 SSRキャラ115体 十天3体 水着ゾーイ 水着グレア 水着ユエル 光ヴィーラ 等

    17,800

    SSRキャラの数: 115

    十二神将の数: 1

    十天衆の数: 3

    photo

    bo98 SSRキャラ110体以上 水着ゾーイ 水着ブローディア 水着グレア エウロペ 光ヴィーラ

    12,800

    SSRキャラの数: 110

    十二神将の数: 1

    十天衆の数: 1

    photo
    photo

    bo34 SSRキャラ150体以上 十天5体 コラボコンプ ブローディア 水着ゾーイ 水着グレア

    33,800

    SSRキャラの数: 150

    十二神将の数: 3

    十天衆の数: 5

    photo

    bp48 SSRキャラ95体 十天3体 水着グレア エウロペ アニラ クビラ カイン

    9,800

    SSRキャラの数: 95

    十二神将の数: 2

    十天衆の数: 3

    photo

    廃課金アカウント 引退。

    400,000

    SSRキャラの数: 170

    十二神将の数: 4

    十天衆の数: 4

    photo

    引退 神石編成 リミ武器多数 高ランク

    65,000

    SSRキャラの数: 132

    十二神将の数: 2

    十天衆の数: 9


    グランブルーファンタジー(グラブル モバゲー版)について

     グランブルーファンタジー(GRANBLUE FANTASY 通称:グラブル)は、Cygamesが開発、Mobageが提供するiOS・Android・PC用ブラウザゲーム。
     基本的なゲームプレイは無料だが、プレイスタイルによってはガチャやAP(スタミナ)回復等で料金が発生する場合がある。
     キャッチフレーズは「君と紡ぐ、空の物語」。
     世界観はキャッチフレーズにもある通り「空」をテーマに形作られており、プレイヤー扮する主人公は、空を旅する「騎空士」となり、伝説の島イスタルシアを目指して冒険に出ることになる。
     ゲームの主な目的は、シナリオとバトルで構成されたクエストをクリアし、メインシナリオとなる壮大な物語を進行させ、その途上に仲間となる様々なキャラクターや、武器、アイテムを収集し、強化していくというもの。
     しかし、ある程度ゲームを進めていくと分かることだが、グランブルーファンタジー最大の醍醐味は、複数人のプレイヤーで結成する騎空団(いわゆるギルドシステム)であり、定期的に開催される「古戦場」や「団イベ」と呼ばれるイベントで貢献度を競うことが重要になってくる。
     このように、スマートフォン向けのブラウザゲームでありながら、オンラインMORPG・MMORPGのような仕様がグランブルーファンタジーの特徴であり、プレイヤーは美麗かつ個性的なグラフィックと共にグランブルファンタジーの世界を楽しめるようになっている。
     グランブルーファンタジーのバトルシステムは、ターン制のサイドビューバトル。
     自ターン開始時、味方のキャラクターが敵に一度攻撃を仕掛け、敵を全て戦闘不能にすれば勝利。逆に主人公及び味方キャラクター5人全員が戦闘不能になってしまうと敗北となる。
     主人公を除く味方と敵キャラクターには固有の属性が設定されており、火・水・風・土・光・闇の6種類があり、それぞれ得意不得意が設定されている。
     そして、バトル中任意のタイミングで使用出来る特殊能力(アビリティ)に関しても、属性同様、敵味方区別なく固有のものが設定されている。
     さらに、上記に加えて奥義と呼ばれる必殺技が存在し、戦闘中の行動で奥義ゲージが加算され、100%になると通常攻撃の代わりに奥義が発動する。この奥義を1ターンの間に複数キャラクターで発動すると強力な全体攻撃チェインバーストとなり、バトルを有利に進めることが出来るようになる。
     上記はあくまで主人公や味方キャラクターに直接関係するシステムだが、この他にもプレイヤーのバトルを助ける星晶獣の召喚という要素がある。
     星晶獣は、某大作RPGにおける召喚獣のような代物で、1ターンに一度、召喚石と呼ばれるアイテムから星晶獣を呼び出すことが出来る。強力な攻撃や凶悪なバフ・デバフを行える星晶獣は、グランブルーファンタジーのバトルにおいて、重要な要素となる。
     こうした様々な要素によって、グランブルーファンタジーのバトルは成り立っている。
     バトルに関しては上記の通りだが、プレイヤーはバトルに突入する前に準備をしなければならない点も忘れてはいけない。
     グランブルーファンタジーのバトルでは、プレイヤー扮する主人公のみ固定で全てのバトルに参加するのだが、この主人公には他の味方キャラクターには無い仕様が存在する。
     それがジョブシステムだ。
     いわゆる某大作RPGの転職システムのようなモノだが、簡単に書けばカスタマイズ要素の一つである。
     主人公以外のキャラクターは既に書いた通り、固有の属性、固有のアビリティと性能がほぼ不変のものになっているが、主人公のみ、こうしたジョブや装備によって性能が様変わりする仕様になっている。
     パーティ編成では、こうした部分に着目してクリアしたいクエストに合った編成が必要になってくる。
     グランブルーファンタジーでは、もはやリアルイベントと言っても過言ではない現実世界に影響を及ぼすイベントも盛んに行われており、2018年夏には課金要素であるガチャを回すと抽選で100万円(現金)が毎日2名に当選したり、松坂牛のセットが送られて来たりと、目を疑うような大盤振る舞いがネットニュースやTwitterを始めとするSNS等で大きな話題となった。
     他作品になるが、FGO等もリアルイベントを大事にしており、ゲーム内だけでなく、現実でもゲームを盛り上げようとしているのが分かる。
     ゲームアプリを親しむユーザーたちの中で、覇権と呼ばれるゲームには、運営に共通した認識があるのかもしれない。
     2018年現在、グランブルーファンタジーの物語は2度目の大きな節目に突入し、ますます魅力を増している。
     サービス開始と同時に始まった物語の幕開け「蒼の少女」編が終わり、その次に開始した「暁の空」編も好評の内に終幕、続く現在進行形で更新されている「星の旅人」編では、空を漂う福音の星晶獣「ヱビス」の背に舞台を移し、魅力的な世界観がさらに広がり続けている。
     こうしたゲーム内の盛り上がりと、上記したリアルイベントによる現実からの盛り上がりが合わさって、さらにプレイヤーを楽しませてくれることだろう。